ブログ

4月(担当:芝田朝子)

4月(担当:芝田朝子)
4月(担当:芝田朝子)
4月(担当:芝田朝子)
4月(担当:芝田朝子)

皆様こんにちは!
久しぶりのブログが回ってまいりましたー!朝子です!
新年度ですね。いかがお過ごしですか?
あっという間に桜の季節も過ぎ去ってしまい、もはやもう初夏のようですね。
今日は暑いのか肌寒いのか…、毎日お天気にも振り回されてしまいますが…、寒いと言ってもバレエをしたら暑くなるくらい、もう暖かい季節になってきているのだなと感じますね。

新年度ということで…、
ご入学の皆様、おめでとうございます!!

ランドセルっていいですよね。小学生の特権という感じで…^_^
私は、自分の色鮮やかな真っ赤のランドセルが大好きで、とってもお気に入りで、6年間綺麗に大事に使いました。
今はカラフルなランドセルがありますからね!◯◯色のランドセルなんだよーと教えてくれます(*^◯^*)
新入生だけでなく、学年が上がり新しいクラスとなり、何組になったでしょうか?ととっても難しいクイズを出されたり、
幼児さん達からは、スズラン組さんになったよーとか、ヒヨコさんからヒマワリさんになったよーとか、可愛いお知らせをしてくれています!

Ballet Dancer 火曜日の子供クラスも、進級によりクラス編成が行われました。
昨年度まで年長さんで1番お兄さんお姉さんだった所から、小学生のお姉さん達ばかりのクラスに仲間入り………
きっとドッキドキだったのでしょうね!(^-^;
小学生とはいえ、圧があったのか…、あまりのパワルフ元気女子達に圧倒されてしまったのか…、1年生になったばかりの小さな王子様は、ウルウルしておりました…(°_°)
めげちゃうかな?嫌になっちゃうかな?と心配しましたが、心もしっかり成長しているようで、レッスンの途中から元気を取り戻し、ウルウルしていた事なんてすっかり忘れちゃう程、ニコニコしながら頑張って食らいついておりました。

そして、そんな新1年生達が卒業してしまった幼児クラスは、少人数で新年度を迎えております。
まだ始めて1年経っていない子もおりますが…、なんだか一丁前にベテランの様な空気感をだして取り組んでおりますよ!
テンションが上がり過ぎてしまって私に怒られる時もまだまだありますが…、私が一緒にやらなくても1人で出来る事も増えてきて、『先生はやらなくて平気!』とアピールする事も増えました。
私にもレッスンにも随分慣れてきたのでしょうね!
つい先日は、大きな元気な声で『ただいまー!!』とスタジオに入ってきました。笑
あれ?1週間お出掛けしてたのかな?笑
ご挨拶はとっても大事!大きな声でご挨拶出来た事はとても良い事!ところがちょっとワードが違いましたね笑
また来週も元気いっぱいに、今度は『おはようございます!』で入ってきてくれるのを待っています^_^

そして、新しいお友達も入ってきました!
お待ちしておりましたよー!なんて。
初めてバレエを習う子も、周りの子を見ながら真似っこしながら参加してくれています!
又、体験にいらっしゃると、よく保護者様から『うちの子はついていけますか?』とご質問を頂くのですが……、ぜーんぜん大丈夫です!
特に私が担当しているのは、まだまだ幼稚園生とか、小学校低学年・中学年くらいなので、尚更そうかもしれませんが、全然ご心配いりません。
最初は真似っこからでいいんです!子供達の成長は本当に目まぐるしく、私や周りのバレエのお友達や環境に慣れる事には多少時間がかかりますが、早い子はすぐお友達になりますし、慣れてしまえば何も問題ありません。
もちろん、私も、置いてなんていきませんから!


子供にとって1年は、本当にぎゅうぎゅうに詰め込まれた日々だろうと思います。
もちろん、大人にとってもそうなのですがね!
子供達の1歳差は、すごく大きいです。

年度末の頃ですが、1年間で成長出来た所を見つけてくださいという宿題が出たという子がおりました。
良い宿題ですよね。
一生懸命探していて、なかなか見つけられなかったようで、バレエの先生にも聞いてみたら?とお母さんからアドバイスがあったそうです。
その子はまだバレエを習い始めて1年半くらいで、最初は体も特別柔らかい訳ではなく、レッスンもついていくのが大変な事も沢山あったと思いますが、1年で他の子との差がほとんどなくなるくらい成長しておりました。
普段のレッスンから、集中して、よくお話を聞いて理解して、よく考えながら、しっかりと向き合って取り組んでおり、バレエに向かう姿勢がとても良い子だなと思っておりました。
きっとお家でもストレッチをしたり、出来なかった事を練習したりしてきたのだと思います。

その子が無事に宿題を提出できたのかは分かりませんが、
1年を振り返り、また心を新たに次の年度を迎える。
新年度、いい機会ですよね!
見て、聞いて、感じて、考えて、実際にやってみて…、沢山の発見をして、沢山の経験に繋げて、沢山成長して欲しいですね!

とはいえ、新年度の疲れがそろそろ出始める頃かとも思います。
今日は疲れちゃったからバレエ行きたくなーいと言う子も出てくると思いますが……、あなただけじゃなく、皆同じくそう思ってしまう時もあります。
どうしても来れない時は仕方ないですが…、案外来てしまったら気分も変わるものですよ^_^
いつも元気に迎えられるよう、お待ちしておりますからね!

今年度もどうぞ宜しくお願い致します!

 

 

担当: 芝田朝子

Ballet Dancer講師

火曜日 大人クラス

火曜日 幼児、小学生クラス担当

 

大人の地道なレッスン(担当:山田晴子)

大人の地道なレッスン(担当:山田晴子)
大人の地道なレッスン(担当:山田晴子)
大人の地道なレッスン(担当:山田晴子)
大人の地道なレッスン(担当:山田晴子)

大変お久しぶりです。スタッフの山田晴子です。先日のZOOM会議で先頭バッターを拝命しました。
昨年秋の発表会からチラホラ先生が入れ替わり、自己紹介をとのことでこちらにも久しぶりに自己紹介もさせていただきたいと思います。晴子と書いてセイコと読みます。晴天生まれだそうです。バレエダンサーのお教室には、代表の天沼さんとご縁があり、娘をお教室にお預けした時からのお付き合いです。最初はメイク係として、そのうちここのお教室の創作バレエの魅力に惹きつけられ衣装部を勝手に立ち上げました。最初は小さなヘンゼルとグレーテルの2着。それが、息子までバレエを始めたのをきっかけに男子のお衣装を作り始め、前回の演目「不思議の国のアリス」、今回の「ピノキオ」では、ほぼ全幕のお衣装を手掛けさせていただきました。
その苦労話はまた次回。
そもそも、私はバレエが大好きなんです。と言うのも、筋力も運動神経もない私でも、地味に続けていく事で、少しずつ分かってくるから。そして、あのリズミカルなクラシックの音の中にいる事がまず幸せです。好きが高じて今はなんと週に3回もレッスンに参加させて頂いています。そう、先生のほとんどが私の担任の先生です。なんでこんなに出来ないのかと思う時もありますが、諦めない先生の熱意に最近は出来ないことを自分で決めつけるのをやめてみました。以前はターンは嫌と言っていましたが、最近は出来なくてもめげずに回ってみています。そうしたらなんと回れなくても、目が回らなくなって来たのです。それは、凄いこと。以前なら、やってみた所で、車を運転して帰れないのでは?と思うほどの目の回りようだったのに。回れない日は続いておりますが、めげずにがんばりたいと思っています。バレエにはセンスも運動神経ももちろん大切で、それを持ち合わせた子供達は、すごいスピードで進化していくのですが、どんなに運動神経が無くても、レッスンは裏切らないのです。先生にみっちり見守られて、過ごす1時間は、あっという間に大汗です。火曜日の大人クラスには私を含め6人のマダム達がいるんですが、4人はトゥシューズを履き始めて2年が経ちます。みなさん、思い通りにとはいきませんが、イメージはきちんとあるのでそこに近づけるべく地味に努力を重ねています。大人なので、ご予定やお仕事でお休みされることもあるのですが、6人揃うと先生も大張り切りで、みっちり大汗をかくレッスンが繰り広げられます。頭でわかる事と出来ることは大きく違っていますが、頭でわからない事はなかなか難しく、順番すらも難しいのです。足先だって伸ばしているつもりでも写真や動画を見たら全く伸びていませんし、ジャンプで床から離れるのも難しいのです。それでも、自分でもわからず出来ている時があるようで、先生が良いですねとニコニコで言ってくださる瞬間があります。それが続くと、自分でも正しい事が分かるようになります。やはり、回数と継続が欠かせません。春うらら、いつでもお仲間のご参加お待ちしております。子供達とのレッスンの武勇伝もいつかお伝えしていきたいと思います。今年度も楽しく頑張っていきましょう。

 

 

 

担当 山田 Seico

お衣装工房froggyboots 兼スタッフ

実は看護師、保健師としてもお仕事をしていて、公衆衛生についてはうるさいです。

3人の子供の母です。

大人バレエのクラスが開講されてから、サクラとして参加したはずが、バレエ好きが復活して、上達もしないのに、勝手に受講するクラスを増やしております。トゥシューズにも挑戦中です。大人も一緒にやりましょう。

教室のアイドル(担当:天沼沙織)

教室のアイドル(担当:天沼沙織)
教室のアイドル(担当:天沼沙織)
教室のアイドル(担当:天沼沙織)
教室のアイドル(担当:天沼沙織)

こんにちは。さいたま市のバレエ教室Ballet Dancerです。今回の担当もわたくし天沼です。いい加減、講師の皆様にもお願いしなくては常々思っておりますが、最近ZOOM会議をしていないので、講師陣にお願いしそびれております。そろそろ春に向けてZOOM会議でもしようかと思っている今日この頃です。

さて今回のタイトルに出ている「アイドル」ですが、写真を見ていただければ一目瞭然!赤ちゃんアイドルです!!!昨年11月中旬に第一子を出産したばかりの金曜日担当「嶺岸葵」先生ですが、なんと年明けから早速レッスンをスタートさせております。さすがにBallet Dancerでは10月1日の発表会を最後に産休に入っていただいていたのですが、ご自身の浦和の教室では11月1週目までレッスンをしていたようで、産後も体力が有り余っている状態です。昨年末、葵先生宅へ忘年会も兼ねてベビーの顔を見に伺ったのですが、そこでも元気いっぱいで早くレッスンしに戻りたい、とのことでしたので、予定通り?(むしろ私はそうは言っても1月は無理でしょ。と思っていました。)1月から復帰。今に至ります。ご主人がお休みの時やお母さまが来ている時はベビーは連れてきませんが、そうでない場合はいつも一緒です♪ それはそうですよね。赤ちゃんなんですから(笑)そしてレッスン中は、私の出番です!すっかりいつおばあちゃんになっても大丈夫なくらい、幼児クラスでちびっこ達と戯れている私にとって、何もしゃべらない寝ているだけの赤ちゃんなんて余裕です!というか、いつでも誰か私に預けて欲しいほど。というのも、うっかりベビーの体温に負けて一緒に寝てしまっているので、レッスン中にやらなくてはいけない私の仕事をまともにこなせたことはありません。。。ま、ベビーを理由にサボりたいだけです(笑)そんな幸せな時間を過ごしながら日々の業務に追われておりますが、そろそろ春ですので、新たな生徒さんをいつでも歓迎しております!3歳になったばかりのお子さんでも、すっかりバレエから離れてしまって久しぶりにバレエをやりたい方でも誰でもOK!是非お問合せください。お待ちしております!!!

Learns Happily

 

 

Ballet Dancer/DANCANIA 代表

天沼沙織

大学生、高校生の2人の子供を持つ母。15年前に北与野教室に移ってから大人クラスも開講したので、それを機にバレエを始める。細い先生には程遠いが、子供好きのため、幼児、初心者のみを対象に数年前よりクラスも受け持つ。現在、大人ストレッチサークル、月曜 柔軟筋トレ担当。

木曜日のダンスクラス(担当:天沼沙織)

木曜日のダンスクラス(担当:天沼沙織)
木曜日のダンスクラス(担当:天沼沙織)
木曜日のダンスクラス(担当:天沼沙織)
木曜日のダンスクラス(担当:天沼沙織)

明けましておめでとうございます。というには少し時間が経過し過ぎてしまいました。Ballet Dancer/DANCANIA代表の天沼です。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて2024年に入り、教室のレッスンも2週間終えたところですが(1月9日よりスタートでした)子供たちの身体もなかなか引きあがらず、私の気持ちもなかなかお正月気分が抜けていないのが現実です。が、そんなことを言っている暇は全くなく、子供たちは毎回のレッスンに必死についていき、私は普段の業務の他に、確定申告の書類作成が迫っており、焦り始めております。。。余談をすると、実は2023年度から会計ソフトを変更することになり、実は最近新しい会計ソフトの利用を開始したばかりで、全く空っぽの状態をこれから必死で埋める作業になります。毎年、いい加減自分で作成せず税理士さんにお任せしたい!と切に願っておりますが、現実はそううまくいきません。と、そんな日々の生活に追われることにより、日常を取り戻している最中です。

発表会終了後、しばらくの間、DANCANIAでは、ある1人の人物がクローズアップされ、かなり人気者となっておりました。その名も「やべっち」年齢が他の生徒さんたちより上なこともあって、発表会にお越しいただいたお客様がファンになってくれたり、教室の生徒からも一目置かれるほどです。何がそんなに?と思われますよね。実はやべっちは現在60代後半という年齢もさることながら、当教室に通い始めたのが2年前。それまでは卓球を一途に取り組み、細かい話は聞いておりませんが、きっと素晴らしい成績を収めていたのだと思います。怪我をきっかけに卓球を辞めて(本人いわく諦めて)、その後何かやったことないことに取り組みたい、ということで選択したのがダンス!人生初のダンスが60代後半(要は2年前)!!問い合わせが来た時は本当に驚きましたが、いざレッスンを始めると休まず通ってくださり、毎回レッスン後は動画を見ながら家で毎日復習。次のレッスンに必ず出来るように仕上げてくる、という模範的な生徒さんです。その努力のおかげで、区民祭り、イオンでのステージ、発表会と舞台が続きましたが、どの舞台もしっかり振付を覚えて仕上げてくださいました。小学生と一緒に舞台に上がるのは、とても精神的にも大変だったと思いますが、臆することなく努力し参加する姿は、観ている人々の心に影響を与えてくれたのだと思います。素晴らしいですよね。

そんな「やべっち」が在籍するのは、木曜日17時~18時の入門クラス。このクラスは特殊なことに、発表会以前は、やべっち以外は20代のママと息子くん(息子くんはほとんどレッスンしていませんが)という特殊な3人?というか2人のクラスでした。入門クラス、と名付けたからには初心者の方を受け入れるクラスですので、やべっちの様に初めて取り組む方向けのクラスではありますが、DANCANIAとしては幼児さんや小学校低学年くらいのお子さんを想定しておりました。ですが何故かその年齢のお子さんからの問い合わせはなく、大人しか来なかったのが現状でしたが、発表会後の問い合わせは、幼児さんの小学生まで、と年齢層がかなり低くなり、その理由がなぜだか今だに全くわかりませんが、年齢の低いお子さんからの問い合わせは増えたのは事実です。今となっては、幼児さん、小学校低学年~高学年、大人という構成になっております。講師のしゃうらも幅広い年齢層に対応するカリキュラムは難しい、と嘆いておりますが、それはそれで楽しいようで、子供たち、そして大人の生徒さんの成長を楽しく見守りつつ、より楽しめるレッスン構成を心掛けております。何歳からでも取り組めるダンススクールDANCANIA。一度、覗いてみませんか?毎週木曜日はダンスの曜日です!

Learns Happily

 

 

Ballet Dancer/DANCANIA 代表

天沼沙織

大学生、高校生の2人の子供を持つ母。15年前に北与野教室に移ってから大人クラスも開講したので、それを機にバレエを始める。細い先生には程遠いが、子供好きのため、幼児、初心者のみを対象に数年前よりクラスも受け持つ。現在、大人ストレッチサークル、月曜 柔軟筋トレ担当。

クリスマス会2023はカーリング(担当:天沼沙織)

クリスマス会2023はカーリング(担当:天沼沙織)
クリスマス会2023はカーリング(担当:天沼沙織)
クリスマス会2023はカーリング(担当:天沼沙織)
クリスマス会2023はカーリング(担当:天沼沙織)

こんにちは。Ballet Dancer代表の天沼です。毎年子供たちに楽しみにされているクリスマス会、今年も無事開催できました。そんなクリスマス会の形も当初始めた頃とは、徐々に形を変えて、現在はゲーム大会になっております。クリスマス会を始めた当初は、Ballet Dancerの発表会が2年に一度しかない為、バリエーションクラスの子供たちがバリエーションを披露する機会を持つことを大前提に始めましたので、クリスマス会当日の構成は、バリエーションを踊って、クリスマスケーキのデコレーション大会→そのまま皆でケーキを食べる、最後にBINGO大会。そんな流れだったのですが、そうなるとクリスマス会は結構事前準備が必要で、大掛かりな行事でした。なんせ、食べ物や飲み物の準備はもちろん、バリエーションクラスの子供たちの特別レッスン、クリスマス会当日は教室でアップやリハーサルをしてから会場入り。衣装もレンタルはしないまでも、教室で製作する、という本当に準備が大変なものでした。ただ発表会の年は敢えてバリエーションを踊ることもせず、ゲームとクリスマスケーキのデコレーション大会、BINGO大会という具合にシンプルに行っておりましたので毎年大掛かりでもなかったのですが、現在は本当にもっともっとシンプル。ゲームオンリーです。コロナもあって、クリスマス会自体をやめたのは1回だけ。その後は、やっぱり子供たちからの猛烈なアピールもあり、クリスマス会を開催。とはいえ、飲食はもってのほか、という思いもあり、ゲームオンリーで再開しました。企画している段階では、やっぱり子供たちが一番喜ぶクリスマスケーキのデコレーション大会が無いので、それがなくてゲームだけだと面白くないのかなぁ、とも思いましたが、やってみるとこれが意外や意外!子供たちの反応もかなり良く、時間も余るどころか足りない始末。年齢が下は3歳から大学生まで参加しているクリスマス会なので、いつも5つにグループ分けをして、その1グループに小さい子から大きい子までバランスよくチーム分けするのが私の役目。なかなか大変な人選です(笑)そしてこのメンバーで行うゲームで一番難関なのが「伝言ゲーム」今年も相当苦戦しました(笑)大きい子だけであればスムーズにいくものも、小さい子が入るだけでかなり苦戦!全グループ正解になる確率は相当下がり、毎回全チーム正解だったことはほとんどありません。そして身体の大小を生かして、おんぶリレーや、借り人競争なども行うのですが、おんぶする側の大きい子は、せっかく可愛い格好でタイツを履いてきている子も、この時とばかりは滑らないようにタイツを脱ぎ捨て、全員裸足で走ります!!!そんなに本気で?と毎回思いますが、子供たちにとって勝負はガチなようです。小学校高学年から中学生の子供たちの真剣さは、企画したこちらが見ていて気持ちいいほど(笑)こんなに楽しそうに喜んでもらえるのであれば、やはり毎年企画しなくては。と思い知らされます。ただ、そのゲームオンリーの年も今年で3回目。さすがに同じ様なゲームばかりではネタが尽きるのでは、と考え、今年は新しいゲームを導入!その名も「陸上カーリング」!とある文化祭で見かけたカーリングの方法をそのまま応用させてもらい、今回はこのクリスマス会の為に作りました!通常のカーリング同様ストーンを転がすのは同じですが、中心のマルに近い方が得点が高いというものではなく、このカーリングはシンプルにマルに近いストーンを置けたチームが勝ち。という単純なものにしました。そのおかげで、大きい子が上手なわけでもなく、小さい子の力加減が丁度良い場合もあり、勝負は最後までわからない、という本物のカーリングの様なゲームが出来ました。年齢にかかわらず出来る競技は本当に楽しいです。来年も是非このカーリングは実施したいと思っています。というのも、一番この「陸上カーリング」をやりたかったのは、私ですから。。。

 

 

Ballet Dancer/DANCANIA 代表

天沼沙織

大学生、高校生の2人の子供を持つ母。15年前に北与野教室に移ってから大人クラスも開講したので、それを機にバレエを始める。細い先生には程遠いが、子供好きのため、幼児、初心者のみを対象に数年前よりクラスも受け持つ。現在、大人ストレッチサークル、月曜 柔軟筋トレ担当。

第8回発表会が無事終了しました(担当:天沼沙織)

第8回発表会が無事終了しました(担当:天沼沙織)
第8回発表会が無事終了しました(担当:天沼沙織)

ずいぶん長らくブログから遠ざかっておりました。Ballet Dancer/DANCANIA代表の天沼です。発表会の準備に忙殺され、なかなかHPまで手が回らなかったということを今回はブログに書かせていただきたいと思います。言い訳の数々をつらつらと…はい。ただの言い訳です。。。

まず発表会の準備って何をするのか?と疑問ですよね。色々と細かい作業がたくさんあるのですが私が行っているのが、発表会の進行・運営、という大きな括りになります。Ballet Dancer/DANCANIAには、他に衣装部と大道具・小道具部があり、3つのセクションに分かれております。と、偉そうに3つのセクションとか言いましたが、これが驚くことに各部署1人という零細集団でして笑、毎回四苦八苦の連続です。衣装部と大道具・小道具はその名の通り、作品にとって大切な衣装の制作と、大道具・小道具の制作です。今年も創作バレエを選択してしまったため、音源探しからシーンの選択、キャストを創ることなど、全てが1からになるので、その部分は演出家に任せるとしても、その演出家の思い描く衣装と大道具・小道具を制作するのは試行錯誤の連続。想像の中のものと実際に出来上がるものはもちろん異なる為、何度も何度も会議を重ねて、出来る範囲でより良いものを創る為に、様々なお店に足を走らせます。衣装部も日暮里への買い出しは結局何十回になったのか?というほど出かけておりましたし、大道具・小道具部もホームセンターや100均、布屋さんまで様々な場所へ出掛けて材料を調達してきてくれます。もちろんそこへ私も足を運ぶこともありますが、私の役割はそこではありません。私はまず会場を抑えること、そこから作品を選択するための会議をして、保護者様への説明会案内資料の作成から始まります。その後、作品に必要な舞台装置の空状況の確認、手配、写真業者、DVD業者の手配、インカムの予約、衣装の発注など、発表会当日に必要なものの手配をして、振付や全体稽古のための稽古場の抽選予約、確保、スケジュールによる講師の手配等、生徒さんへの周知へ。プログラム用の写真撮影と同時にプログラムの内容を作成し業者に発注。全体稽古が始まったら、全体稽古の時間中は他の仕事を全く出来ない時間になり、全体稽古のタイムキーパーと問題点の洗い出し、次回の稽古までの課題をクリア、そしてまた全体稽古の繰り返し。全体稽古が始めるということは、音源編集も済ませておかなくてはならず、今回はこの作業にかなり時間を要し、アシスタントを付けたほどです。全体稽古の動画編集もかなり多かった為、資料作りより動画のダウンロードやアップロードに時間がかかるんですよね。とはいえ、この作業を怠ると、稽古に来ていない生徒さんに稽古の内容が伝わりませんし、全体稽古が始まった段階で、先週お休みだったからこの振り教えてあげるね、という時間は皆無です。なんとか自分で確認してきてもらう以外に方法がないので、そこは怠らず映像を共有できるようにいたしました。さて、全体稽古で全容が見えてきた段階で、会場スタッフとの打ち合わせが待っています。それまでに照明案、舞台装置の使用タイミングなどを記した資料を作成するのですが、これがなかなか骨の折れる作業でして、実はこの作業が発表会準備の中で一番苦手な作業と言っても過言ではありません!!!とはいえ、これを作らなければ舞台の幕を開けることは出来ず、毎回葛藤の日々です。同時にスタッフワーク表も作成するのですが、今回は人数が多く、誰がどこにいるか把握できないので、すごろくの様にコマを作って1曲ずつ考え配置を決める、というアナログな方法を取りました(笑)そしてその資料を持って会場打ち合わせへ行くわけですが、もちろんそこでダメ出しなどもありますし、我々の思っているものと違う装置だったりと相違が生まれ、再作成の連続です。その時点で発表会1か月前。そこから怒涛の日々ですよね。音源の編集作業はなかなか終わらず、資料も作り直しの日々、同時にプログラムの挟み込みチラシなどの作成、楽屋割り振り、保護者様の役割説明、メイク道具の確認、チケットの抽選、チケット作成など、最後の最後までやることしかありません。今回はスプレッドシートをスマホでも確認できるようにして、To doリストでやることを全部チェックし、全てやったつもりでおりましたが、やはり終わってみたら足りないことが幾つかあり、そんな自分にがっかりです。

発表会前日当日は、きっと私の姿を全く見ない人もいたのでは?と思うほど、下手袖に引きこもり状態です。発表会前に冗談で「沙織さんは発表会の時、小部屋で籠ってるから出てこないよ」と誰かが言った様で、新しくBallet Dancerに入った講師が、それを真に受けて驚いておりました。とはいえ、それに近い状態ではありますが・・・発表会当日の私の役目は、舞台監督・音響・映像・影アナです。ですので、誰かが舞台で踊る時は一歩も動けずその場におります。特に作品は、途中のアナウンスこそありませんが、音響と映像がほぼ同時だったり、舞台装置が重なっていたりすると本当に「お願いだから今誰も私に声をかけないで」といつも思うほど、1人でわちゃわちゃしております。そのせいで、いつも明るく私に話しかけてくれる子供たちにも「お願いだからこの線(赤いビニテ貼りました)より先生のところに入ってこないでね」とお願いしたほどです。やることがたくさんある、ということは装置も広範囲でして、椅子に座って全部使えるわけではなく、特にプロジェクターのスイッチャーが遠いので、プロジェクターの映像を映すときは床にしゃがんで、左指でスイッチャー、右指でPCのキーボード、と、とんでもなく変な恰好だったんじゃないか!と今更ながらに思います。毎回発表会が終わるたびに、アナウンスくらいは誰かにお願いすべきだよなぁ、と思うのですが、保護者様の中にプロで司会をされている方もいらっしゃいますが、お子さんが出ている舞台なのに袖からではやっぱり申し訳ない気がして、いつもお願い出来ません。ということで、いつも早口になってしまう天沼のアナウンスなのですが、そこは皆様に目をつぶって(耳をふさいで?)もらう以外方法がないので、今後もそれでよろしくお願いいたします。

結局、忙しいでしょ?だからHPの更新もブログの更新も出来ませんでした!という言い訳を堂々としているわけですが、もう少し時間に余裕が出来るよう準備出来ればいいな、と毎回反省しております。本当ですよ!現在保護者様から、発表会についてのアンケートも頂いておりますが、私が懸念していた内容をご指摘されている部分も多く、それは私がわかっているのにやらなかった結果ということですので、今後の反省材料にさせていただき、次の発表会は今回よりも皆様が笑顔で楽しんでいただけるものにしたいと考えております。Ballet Dancerの保護者様、皆優しいんですよ。問題点を色々書いてくださり、私は本当に心から感謝しているのですが、「気分を害されたらすみません」とか「保護者の仕事がやりたいわけではないけど」とか色々ご記入くださっております。今回このブログで書かせていただいた通り、下手袖にしかいない私には、見えない場所が多々あり、そこでどんなお困りごとがあったのか把握できないので教えてくださって本当にありがたい、と思っていますので、どんどん辛辣な意見でも構いませんので忌憚のないご意見を今後もお待ちしております。

「発表会」は生徒さんや講師陣だけのものではありません。そこに関わる全ての人たちで成り立っているものですので、生徒さんの一番近くにいる保護者様の手助けがなければ全く成り立ちません。今回の発表会に携わってくださった全ての皆様に感謝しております。今年も本当にありがとうございました。次は2年後。どんな作品を披露できるかまだ今の段階では全くわかりませんが、次はもっともっと準備を整えて開催できるよう、最善を尽くしますので、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

※この内容で舞台袖では話しかけないで!と言っておきながらも、寝そうになった子供を抱っこして自分の栄養補給をしている矛盾写真を敢えて掲載しておきます。癒されたー♪

 

 

 

 

 

Ballet Dancer/DANCANIA 代表

天沼沙織

大学生、高校生の2人の子供を持つ母。15年前に北与野教室に移ってから、大人クラスも開講したのでそれを機にバレエを始める。細い先生には程遠いが、子供好きのため、幼児、初心者のみを対象に数年前よりクラスも受け持つ現在、大人ストレッチサークル、月曜 柔軟筋トレ担当。

今年の発表会は激熱!!!(担当:天沼沙織)

今年の発表会は激熱!!!(担当:天沼沙織)
今年の発表会は激熱!!!(担当:天沼沙織)
今年の発表会は激熱!!!(担当:天沼沙織)
今年の発表会は激熱!!!(担当:天沼沙織)

こんにちは。さいたま市のバレエ教室Ballet Dancerです。

今年の発表会は、約18年前に私と一緒に教室を一緒に立ち上げた「マッコ先生」の演出による創作を披露いたします。それだけでも私にとっては、激熱案件なのですが、それに輪をかけてワクワクしてしまうのが、なんと既に教室を辞めた生徒たちが、マッコ先生の演出であれば。とのことで出演してくれることになりました!!!すごい! ちなみにBallet Dancerという教室は、バレエ経験の全くないわたくし天沼と学生時代からの友人であるマッコ先生が2人で細々と立ち上げた教室です。最初は「教室」とはほど遠く、単純に私が娘にバレエを教えて欲しい!とマッコ先生にお願いしたところからスタートしております。その際に一緒にやる?と言って始めた長女の幼馴染と2人だけのセミプライベートレッスンが一番最初のレッスンでした。しかも自宅の一か所を使ってレッスンをする、というお粗末なもので、ダイニングテーブルを移動させて突っ張り棒を使ってレッスンしていたことを懐かしく思い出します。そんな中、娘のママ友たちから「どこでバレエ習っているの?」と聞かれることしばしば。せっかくなので体育館でも借りてレッスンする?となったのが、「教室」の始まりでした。最初は隔週でしか活動しておらず、お月謝も安価に設定していたこともあり、スタート当初から15名前後の方々にご参加いただき、ただただ楽しくやっておりました。でもそんな活動を始めると、他にも「参加したい!」と言ってくださる方がどんどん増えて、隔週では足りなくなり、結果、体育館での活動も毎週となる事態に。この頃は、毎週とはいえ夕方早い時間での設定しかありませんので、来てくださっていたのは幼児さんばかり。そんな幼児さんたちだけなのに、最終的には60名を超えたことを覚えています。そしてそんなスタートですから、最高学年はいつまで経ってもうちの娘の学年。1999年生まれの代です。その生徒さんたちを1期生と計算すると、現在一番小さいお子さんで20期生が在籍している、という歴史ある教室になってきました。そして今回の発表会に出演してくれるのは、1期生1名、4期生2名です。

既に結婚し子供もいて、横浜に住んでいるマッコ先生がさいたま市に来るのは、それほど簡単なことではなく、彼女の振り移しは土曜日午後、と決まっています。もちろんそれも毎週というわけにはいかないため、隔週で来ているその時間は、本当に集中しないと先に進むことができないので大変です。マッコ先生はもちろんのこと、子供たちも真剣にレッスンに集中してくれています。そしてもちろん私も、その場にいない先生たちに振りやニュアンスを伝えるために必死に一緒に稽古に加わり、振付を覚えたり、曲を編集したり、彼女が来る土曜日の午後は本当に大忙しです!!!とはいえ、やはり古い仲間との作品創りは本当に楽しく、稽古後のミーティングが何時間もかかろうとも、より良いものにしたい気持ち、ベクトルが全員一致しているので、疲労感も半端ないですが、なによりワクワクも止まりません。ただ、正直なところ思っていたより大変なんだと感じているのが、既に教室の生徒をほぼ誰も知らないマッコ先生が、振付をするにあたり、子供たちのレベルが見極められず、細かいところまで決めてこれないこと。加えて、やはり教室全体で創り上げる作品の為、全員が揃わないと出来ない箇所も多く、全体像がなかなか見えてこないことです。これは誰が指導しても同じことですけどね。ただ、我々スタッフが迷わず信じて進めるのは、マッコ先生の指導力を信頼しているから。そしてなにより教室の生徒たちが皆一生懸命取り組んでくれる生徒ばかりだと信頼しているからです。現時点では、どうなることやら?と思う部分も多々ありますが、それでも本番当日は、全員がしっかり自分のやるべきことに取り組んでくれるのが、発表会の良いところ。このまま全員で同じ舞台で楽しむために邁進してくれることでしょう。

10月1日、楽しみにしていてください。

 

 

Ballet Dancer/DANCANIA 代表

天沼沙織

大学生、高校生の2人の子供を持つ母。14年前に北与野教室に移ってから、大人クラスも開講したのでそれを機にバレエを始める。細い先生には程遠いが、子供好きのため、幼児、初心者のみを対象に数年前よりクラスも受け持つ現在、大人ストレッチサークル、月曜 柔軟筋トレ担当。

トウシューズについて(担当:安達洸)

トウシューズについて(担当:安達洸)
トウシューズについて(担当:安達洸)
トウシューズについて(担当:安達洸)
トウシューズについて(担当:安達洸)

こんにちは☆
W6、W7、S1を担当させていただいております、安達洸です!
だんだん春らしくなってきましたね?
皆様いかがお過ごしでしょうか?
私は、所属しているバレエ団の公演「バレエリュスガラ」が無事終わって、ホッとしております☺
次回公演の「海賊」に向けて、気持ちを新たに頑張りたいと思います!

さて、今回は、トウシューズ?についてお話をさせていただきたいと思います!

トウシューズは、種類にもよりますが、厚紙や木が使われているので、布のバレエシューズに比べて、ソールがかなり頑丈で、バレエシューズの何倍も重いです。
このシューズを履きこなすためには、かなりの筋力が必要になってきます。
また、バレエシューズよりも高いところで立たなくてはいけないのと、立つ面積が狭くなるので、恐怖心も出てくるかと思います。

そんなとてつもなく日常とはかけ離れたシューズですが、やはりバレエを習っている女の子の憧れでもありますよね☆
わたしも小さい頃はかなり憧れていました!

トウシューズを履いて踊るには、まずはバレエシューズで、足首や足裏を鍛えなければいけません。
そのため、W6クラスでは、バーレッスンでのルルベを少し多めにして、足首強化に取り組んでおります。
また、タンジュの時に足の指の腹で床を押すところにも着目させ、足裏強化にも取り組んでいます!

生徒さんは皆、私が言っていることを理解しようとしてくれて、日に日に良くなっています!
まだまだ筋力がない生徒が多いですが、発表会に向けて、もっともっとレベルアップしてもらえたらと思います!

W7では、片足で立つ動作を増やしていて、踊りにつながるコンビネーションも練習を開始しております!
生徒たちは、発表会が楽しみであり、不安でもあるようですが、みんななら、きっと素敵な舞台を作ることができるはず!
講師としては、生徒たちがより楽しく踊ることができるように、少しでも不安要素を取り除いてあげたいと思っています。
足裏や足首は、すぐには強くなりませんし、
基礎的なことがきちんとできるからこそ、テクニック的な動きに繋がりますから、地味で辛い基礎ですが、妥協しないで取り組んでもらいたいです。
そこにプラスして踊りに繋がる部分を育てていけたらと思っています!

皆一生懸命なので、つい私も熱が入りすぎてしまい、レッスンの終了時間はいつも少しオーバーしてしまいます(笑)
時計を見るのを忘れないようにしつつ、全力で指導していきたいと思いますので、今後ともよろしくお願い致します。

 

 

担当:安達洸

NBAバレエ団 アーティスト

Ballet Dancer 講師

水曜日18時/19時 中学生以上Va.クラス担当

3月(担当:芝田朝子)

3月(担当:芝田朝子)
3月(担当:芝田朝子)
3月(担当:芝田朝子)
3月(担当:芝田朝子)

皆様こんにちは!

火曜日クラス担当の朝子です!

急激に暖かい日が続き、着る物も体も追いつかないような春ですが、いかがお過ごしでしょうか?

東京は早くも桜の開花宣言が発表され、いよいよ!貴重な時間が始まりましたね!!

私は毎年楽しみに待っている、この、大好きな桜の季節となり、毎日ウキウキしながら過ごしております(*´`*)?

そして、3月といえば、年度末!

卒園・卒業の季節でもありますね!

ご卒業の皆様!おめでとうございます

私が受け持っているクラスの子達の中にも、幼稚園・保育園を卒園し、新1年生になる子達がいます!

レッスン中に『もうすぐ1年生!』と声をかけると、体がピクッと反応して、嬉しそうにニヤリとこちらを見てきます(*^_^*)

まだまだお膝を畳んで三角座りをしたら、ランドセルの方が大きいんじゃないかと思えるくらい、華奢で小さい体ですが、ランドセルを背負って学校へと通うようになるのですよね?!

たくましいですね!

よく思い返せば、そんなもうすぐ1年生達は、小さい頃から見ており、

初めてのオンラインレッスンの時には集中し過ぎて、夢中になりすぎて、終わった途端におトイレを思い出し大変な事になってしまったり

初めての発表会の時の、初めての合同練習で、お姉さん達に圧倒されて大泣きしたり、そんな可愛いエピソードがいっぱいあります(*´-`)

今ではもう私の担当クラスからは巣立ってしまったお姉さんも、

初めての発表会の時は、私がバリエーションを踊っている間に(その時は1曲1人で踊っておりました!)待っている楽屋で大号泣?

私が離れている間、ちびっ子達を見ていてと頼んでいたお姉さん達から、『朝子先生やっと帰ってきたー!!!( ;∀;)』と、お姉さん達も泣きそうな程困り果てたヘルプで迎えられ、まだ踊り終わった直後で息切れしている私に、大号泣中の可愛い可愛いちびっ子が連れられてきました!笑

今ではそんな、寂しくなって心細くなって泣いちゃうなんて面影もない程、お姉さんになってしまっておりますが、そんな可愛い時を思い出すとたまらないですね(〃ω〃)

そんな昔の思い出話もありますが、今のお話もしましょう!

昨年の4月から、早1年。

あっという間に今年度も過ぎ去って行きました?

時にはまだまだ不安定な時もありますが、心も体も、大きくなって、すくすくと成長しております(*´ー`*)

とくに男の子!毎週毎週、会う度に、大きくなっていってる様な気がしますね?!

現在の火曜日クラスの年少さんは、入った当初は、元気もパワーも有り余っていてちょっと大丈夫かしら?と心配になりそうな子でしたが……

いつの間にか、お喋りも少し減り、私のお話もよく聞いて、とってもお利口さんに成長中です!

少しバレエが楽しくなってきたのかな?頑張ってレッスンに参加しておりますd(^_^o)

新年度を迎えると、さらに1つお姉さんになる意識が高まるかと思います。

どんなお姉さんになっていくのか、楽しみですね(*^^*)

そして!今年は発表会もありますからね!!!!!

発表会デビューの子もおります!

どんなハプニングが起こるのやら楽しみで仕方ないですが、まずは沢山練習しないといけませんね!

これからも頑張っていきましょうー!

また4月の新年度から、お待ちしておりますね( ´ ▽ ` )

 

 

担当: 芝田朝子

Ballet Dancer講師

火曜日 大人クラス

火曜日 幼児、小学生クラス担当

発表会(担当:山田晴子)

発表会(担当:山田晴子)
発表会(担当:山田晴子)
発表会(担当:山田晴子)
発表会(担当:山田晴子)

お久しぶりです。今回はスタッフの山田です。急に春めいてきて私は大丈夫なんですが、花粉症の家族は私の換気に文句を言っています。

今年度ももう少し、とうとう発表会まであと半年余りになって来ました。発表会と一言で言いますが、舞台を作るのは本当に長丁場です。まずは、会場を押さえるのに魔のくじ引きに1年前に行きます。一発オッケーの時ばかりでなく、くじに外れたら毎月くじ引きツアーに出掛けなくてはいけません。
会場が決まったら、演目、配役、衣装、大道具、小道具、決めることは満載です。うちのお教室の特徴の創作バレエは、振り付け担当の先生が一生懸命作成中で、子供達の人数や、年齢構成などで緻密に手直しが繰り返され、家事の間もずっと音楽をかけっぱなしよ〜。と先日のミーティングでも話してくれました。今年も、キラッキラのお衣装とポップな小物達で、舞台に花を添えたいと思っています。

お衣装もオートクチュールならではで、材料のうちから子供達の楽しみ心をくすぐり、私の頑張りの活力にするべく積極的にお教室で見せびらかします。ただ家で1人では頑張りきれないからなのですが。
子供達から、ご家族の皆様に喜んでご報告が行き、ご家族から楽しみにしていますとのお声をいただき、気力を繋ぐ日々の始まりです。
とは言え、大人と子供は理解の方法も違いますし、大人が決めた事を子供達がスッと受け入れてくれる時ばかりではありません。発表会で成長が見えるように、子供達が楽しく舞台に立ち向かう事が出来るように、先生たちは、心を尽くして発表会で使いたいパ(動き)を、レッスンに散りばめて、子供達に魔法をかけて、心と身体の成長を見守って行きます。そばで見ているスタッフとしては、頑張って舞台に出て、泣かずに舞台そでに帰ってくれば良いと思って見守っていますが、段々と仕上がるにつれて、いつも本人たちも私たちも欲張りになってしまいます。最初は出来なくても、少しずつ揃って出来上がっていく過程で、子供達は自信を付け、キラキラの笑顔を見せてくれるようになります。それは小さなお子さんも、大きなお姉さんも同じです。
あんなに、何度も同じ曲を聞くことも、あんなに何度も同じ動きをする事も、発表会の練習以外にはないのではないでしょうか?歯磨きや手洗いと同じ、体に入るまで練習しますから、音が舞台に連れて行ってくれます。身体がちゃんと動いてくれます。子供達には魔法がかかっていますからね。我が子とは度々喧嘩もしますが、子供達の楽しい報告を、たくさん聞いていただきたい。そして、その頑張りをたくさん褒めていただきたいと思います。私もそうあるように努力します。
本番は、私にとっても本番ですから、見たいシーンも見逃しますが、ゲネはいつも仲間からは目が怖いと言われ、インカムで小道具が出てませんとか言われるほど集中して見つめてしまいます。そう、そのまま本番でも同じように成功して欲しいと、いつも心からの声援を袖から送ります。
今年もあの笑顔を思い出して、スタッフ一丸となって楽しみたいと思います。応援もお手伝いも大歓迎です。どうぞ宜しくお願いします。

 

 

 

担当 山田 Seico

お衣装工房froggyboots 兼スタッフ

実は看護師、保健師としてもお仕事をしていて、公衆衛生についてはうるさいです。

大学生2人と中学生の母

大人バレエのクラスが開講されてから、サクラとして参加したはずが、バレエ好きが復活して、上達もしないのに、勝手に受講するクラスを増やしております。トゥシューズにも挑戦中です。大人も一緒にやりましょう。